【注目!!】

【今後の予定 The plan
ブログ終了!(最終更新日:2016/07/20)
Finally this blog is finished!! (Last updated: Jul/20/2016)

7/20/2016

【最後の更新】 新たな旅を始める自分へ

前編はこちら





これからのこと。

迷った自分のために自戒を込めて書いておく。






好きなことのために努力をする。



これをモットーにこれからの限りある人生を進んでいきたい。

嫌なことでも好きなことでも努力は必要なわけで、その大変さは同じ。

でも未来が全く違う。

好きなことのためにした努力は全ての人を幸せにする。

嫌なことは何かが犠牲になる。たとえ周りは幸せにしたかもしれないけど、自分を犠牲にしたら元も子もない。





奇跡は起こらない、でも偶然は起きる。



不思議と望むことは概して叶わない。

大きければ大きいほど、めったに叶わない。

でも叶えたいと必死に行動し続けているとき、偶然が起きる。

それは誰も想像していないこと。

それはそれはテレビドラマのような世界で、二度と起きないようなこと。

人はそれを奇跡と呼ぶのかもしれないけど、僕はそれを偶然と言っている。

その偶然がどれだけ素敵なことか。





だから一瞬のチャンスを逃さない。

偶然はいつどこでどんなふうに起きるか誰にもわからない。

もしかすると起きないかもしれない。

でも奇跡を望んで行動し続けた人には必ずその時が来る。

その時が来ることを信じて諦めず、いざその時が来た時に確実につかめるかどうかだ。





その時は一瞬である。



チャンスの神様は前髪だけという言葉があるが、本当にそれだ。

後悔したくなければ一瞬のチャンスを絶対に逃すな。





サッカーでシュートをしなければゴールはない。



へたくそでもいい。でも常にゴールを目指してシュートを打ち続ける。

シュートを打たなかったらシュートを打たなかったことを悔やみ続ける。

後悔したくなければ必ずシュートを打って終える。





どうやってシュートをゴールに入れるか。

答えはない。

それは数多くのシュートを入れ、数多くのシュートを外した人にしかわからない、一種の感覚のようなもの。

その感覚は生まれ持った才能か、挑戦し続けた者だけが持てるもの。

凡人である自分は挑戦し続けるしかない。





挑戦し続けることはつらい。本当につらい。

でも、必ず支えてくれる人がいる。



人は独りであるが、独りではない。

正確に言うと、「人は独りと考えることもできれば、人は独りではないと考えることもできる」。

どちらの考えをするかは人それぞれだが、自分は後者だ。

必ず周りを見よう。

自分を支えてくれる人が必ずいる。

その人を絶対に大切にする。死ぬ気で守る。そして感謝する。

これまでどれだけの人に支えてもらってきたかわかってるだろう。

人は独りと思うのは簡単で、周りとの関係を切るだけだ。





周りの人のためにできることが自分の好きなことになってきた。

不思議と自分のやりたいことが誰かのためになることになってくる。

自分を支えてくれる人々を絶対に幸せにする。



それが我が人生。





人はいつか終わりを迎える。



可能性は無限なように思えるが、時間だけは有限。

しかも、人間皆平等ではない。いつ死ぬかも人ぞれぞれ。

命は思ってるほど重くないことがある。

簡単に吹き飛ぶもの。

身近で死は起きる。明日は自分かもしれない。

だから今の自分ができることは精一杯やっておこう。生きているうちにしかできないのだから。

吹き飛ぶ前にやれることはやっておこう。





終わりを迎えた時に何が残るのか。

自分は決して残らない。無になって終了。

諸行無常の響きなり。



しかし、記憶と記録だけは人間が存在する限り間違いなく残る。

どんな記憶と記録をこの世に残せるのか。

自分の今の生き方次第であろう。





今やるべきことは何か。

できること、やりたいことをやり続ける中でしか見えてこないだろう。

永遠の課題。

変に考え込まずに、とにかくやってみよう。





冒頭に戻るが、、、



好きなことのために努力をする。



この旅で得た自分の生き方の軸。

しばらくはこれを実践してみたい。

好きなことをとことんやっていく。





現実は厳しい?

そうなんだけど、それを超えるだけの努力をする。

だめならだめで何か他の方法を探す。

どうなるかなんてわからないけど、なんとかなるから大丈夫。

この先どんな偶然が起きるのか楽しみだ。







まずは日々一生懸命に。



さて、新しい旅を始めようか!



2016年7月20日

Yohei

0 件のコメント:

コメントを投稿

【初めてコメントされる方へ】
「コメントの記入者」は「名前/URL」を選択し、「名前」の欄を最低限記入すれば投稿できます。匿名をご希望の方は「匿名」を選んでください。

【Dear blog visitors】
Please leave a comment freely!! Choose 「名前/URL」 and fill your name in 「名前」 .